実践編

※実践編はここから受講してください。

医薬開発論(基礎コース)では、下記のコンテンツを用意しています。一通り受講することにより医薬品開発の基本的な事項を理解することが出来ます。

「医薬品の製造と品質管理」「治験の意義と業務Ⅰ(GCP概論)」「治験の意義と業務Ⅱ(治験の流れ)」「治験における薬剤師の役割」「医薬品の承認Ⅰ(申請・審査体制)」「医薬品の承認Ⅱ(市販後調査・薬害)」

医師主導治験 1章~3章では、下記のコンテンツを用意しています。一通り受講する事により医薬品開発の基本的な事項を理解する事ができます。
1.企業治験と医師主導治験
2.医師主導治験の治験届、副作用報告
3.人道的見地から実施される治験【拡大治験】と患者申出療養制度
医師主導治験 4章~5章では、下記のコンテンツを用意しています。一通り受講することにより医薬品開発の基本的な事項を理解することが出来ます。

4. PMDA戦略相談改訂
5. 再生医療等製品GCPの理解
医師主導治験 6章~7章では、下記のコンテンツを用意しています。一通り受講する事により医薬品開発の基本的な事項を理解する事ができます。

6.自ら治験開始の手順
7.医師主導治験の治験届、副作用報告
臨床研究 1章~3章(モニタリングと監査)では、下記のコンテンツを用意しています。一通り受講する事により医薬品開発の基本的な事項を理解する事ができます。
1.モニタリングと監査に関するガイドラインⅠ.基礎編 
2.モニタリングと監査に関するガイドライン Ⅱ.モニタリング編
3.モニタリングと監査に関するガイドラインⅢ. 監査編